アルバイト

 大学生活には色々とお金がかかるもの。奨学金や独り暮らしの人は親の仕送りもあるでしょうが、やはりアルバイトを考えている人は多いでしょう。幸いにも筑波大学の周りには様々なお店があり、その多くで筑波大生が働いています。ここでは、主要なアルバイトの説明と他にどんなアルバイトがあるのかを紹介したいと思います。また筑波大学ではアルバイトの斡旋を行っており、支援室前の掲示板に貼り出されます。

飲食店(時給800~1200円)

 アルバイトの中でもコンビニと並んで最もポピュラーでしょう。筑波大学の周囲には多くの飲食店があります。 また、少し遠くなってしまいますが駅前にあるQ’t、西武内、西大通沿いのショッピングモール、ララガーデン内とその周辺等、飲食店のアルバイトを探すにはそんなに苦労しません。また。昇給制のところも多いため、さらなる時給アップも見込めるでしょう。また、飲食店での最大のメリットと言えば社員割引やまかないでしょう。社員割引はファミリーレストラン等に多く、3割引のところが多いようです。賄いを出してくれるところだと大学生の財布を最も圧迫すると思われる食費を節約できるだけでなく、おいしいご飯も食べられていいことづくしです。深夜帯では時給が上がるところが多いですが、やはり夜は危険ですので注意しなければならないでしょう。

コンビニ(時給800円~950円)

 筑波大生の大半は宿舎か大学の近くのアパートに住むためコンビニが相当数存在し、大体どこも常に募集しています。 仕事は主に接客業ですが、品出し、陳列、またある程度の実力がつくと商品の発注も任されるようです。深夜帯に働く人もいます。

技術職(IT系・時給1000~2000円)

 SEやNEになるバイトも少なからず存在します。基本的には支援室前の求人掲示板を見て応募するのですが、先輩から紹介される場合も少なくありません。
 入学前から自分の技術に自信がある人はこういうバイトをしたほうが勉強にもなるので良いかもしれません。また、勤務時間の調整も自由にできるので、予定がなかなか組みづらいといった方にはお勧めです。

家庭教師(時給1500~2000円)

 大学生ならではのバイトと言ったら家庭教師かもしれませんね。情報科学類ではあまり見かけませんが、筑波大生も家庭教師をやっている人は結構いるようです。基本的には業者に登録し、派遣されるという形になります。ただし、採用条件に車持ちといったところも多いので気をつけましょう。
 仕事はもちろん勉強を教えることですが、対象は小学生~高校生と幅広く、時給も差があるようです。また、時給だけ見ればかなり割が良いように見えますが、教材作成の必要があり、思ったよりは割は良くないようです。さらに、遠隔地に派遣されることも少なくなく、その場合に往復にかかる時間を考えると、拘束時間の割にお給料があまりもらえない場合等もありますが、教え子が受験に合格したときの感動は計り知れないものがあるようです。

塾講師(授業1コマ1500~2000円程度)

 家庭教師と塾講師で悩む人も多いでしょう。仕事は家庭教師と同じく勉強を教えることですが、こちらは大抵の場合、多数の生徒を見なければなりません。そのため、慣れるまでが大変かもしれません。また、事務仕事等もするようです。こちらもかなり給料は良いように見えますが、拘束時間がかなり長く、辞めていく人もやはり多いようです。他のアルバイトと比べたら大変なことが多い塾講師ですが、子どもとの触れ合いの時間はとても楽しいようです。

.