17.全学計算機システム(6月12日(金))

全学計算機システム

準備

  1. 統一認証システムのパスワードを変更していない人は Twins の初期パスワードを書いた紙を持って来る。

全学計算機システム

情報科学類、社会工学類などは、学類独自で教育用コンピュータを持っている。 その他の独自のコンピュータを持っていない所は、 筑波大学全学計算機システム (通 称: icho )を使う。(2008年までは、筑波大学教育用計算機システムという 名前だった。) 全学計算機システムは学術情報メディアセンターの中やその他 全学にサテライト室があり、使用することができる。また図書館の中にも ある。

大学としてはこのコンピュータは、主に学生が、共通科目「情報処理」の実習(全学必修)を受講 する時に使う。情報科学類生は、「コンピュータリテラシ」で代替している。

情報科学類生も筑波大学全学計算 機システム を利用することができる。

筑波大学統一認証システム

筑波大学統一認証システム
https://account.tsukuba.ac.jp/index.html
筑波大学内の 複数のコンピュータ アカウントで、共通のパスワードを使えるようにしたもの。

重要なアカウント

パスワードは、特別のページで変更する。すると、全部の提携しているシステ ムで変更される。ただし、共通なのは、パスワードだけで、 ユーザ名は異なる ことに注意しなさい。

例:

筑波大学全学計算機システム
s学籍番号下7桁
アクセスポイント(無線LAN)
学生証のバーコードに記載された13桁のID
2009年入学の学生については、「初期パスワード」は、Twins の初期パスワードと 同じである。

パスワードを忘れた時には、所定の場所に学生証を持って行き、再発行手続きを行う。

筑波大学全学計算機システム/ichoへの遠隔ログイン

筑波大学全学計算機システムのログイン・サーバ icho にssh でログインし なさい。
% ssh icho.u.tsukuba.ac.jp -l s09xxxxx
または
% ssh s09xxxxx@icho.u.tsukuba.ac.jp 
coins からでは、次の方法でもよい。
% ssh icho.u.tsukuba.ac.jp 
情報科学類生で、s から始まるログイン名の場合、 coins と icho でユーザ名が同じである。 この場合、-l オプションや @ によるユーザ名の指定は不要である。

パスワードは、coins と icho で独立に管理されている。 icho は、筑波大学統一認証システムで管理されている。

筑波大学全学計算機システム/手引きの表示

情報処理実習用手引きを表示しなさい。

筑波大学全学計算機システム/Webメールの利用

(全学計算機)情報処理実習用手引き 3.2節 参照。 全学計算機システムに届いているメールを、Web メールの機能を使って読みなさい。 ここで、次のようなことを行いなさい。

筑波大学全学計算機システム/メールをThunderbirdで読む

(全学計算機)情報処理実習用手引き 3.3節 参照。 (coinsの) Thunderbird で、全学計算機のメールを読めるように設定しなさい。 注意。送信と受信は、独立に設定できる。送信には、SMTP、受信には、IMAP、または、POPが用いられる。

筑波大学全学計算機システム/メールをThunderbirdで書く

全学計算機では、電子メールを発信する時に次の方法を用いている。 送信の設定をするには、次の段階を踏む。 この方法でメールを発信しようとした場合、パスワードの入力が求められる。

筑波大学全学計算機システム/「利用者システム」の利用

全学計算機システムには、「利用者システム」と呼ばれる、個人の設定や初期化を行うWebアプリケーションがある。 このWebアプリケーションで提供している機能を調べなさい。

筑波大学全学計算機システム/電子メールの転送機能の利用

全学メールの転送状態を確認しなさい。 全学計算機のメールを毎日読むようにしなさい。 毎日読まない人は、他の毎日読むメールのアカウントへ転送しなさい。 転送の設定をしたら、それが動作していることを確認しなさい。

筑波大学統一認証システムの利用

次の手順で、筑波大学統一認証システムの Web ページを開きなさい。 登録情報確認で、自分の ID が登録されていることを確認しなさい。

筑波大学統一認証システムによるパスワードの変更

筑波大学統一認証システムで、パスワードを変更しなさい。 パスワードを変更する時には、次の点に注意しなさい。 パスワードを変更した場合、 それが有効になるまで時間がかかる(約5分)ことがある。 たとえば、パスワードを変更した直後に、ssh で icho に接続した直後には、古いパスワードが 有効なことがある。

本日のレポート課題

  1. (必須課題)全学計算機のメールについて、次のことを行いなさい。 届いたメールの「一部」をレポートに含めて、上記のことがきちんと行えたこ とを示しなさい。全学計算機のメールを読んだ方法を報告しなさい。なお、全 学計算機で「~/.forward」による転送を設定した人は、転送先で返事を書いて もよい。
  2. (オプション)(全学計算機)「情報処理情報処理実習用手引き」を読みなさい。 次の言葉について、調べなさい。
  3. (オプション) 筑波大学図書館の本を検索しなさい。どのような本をどのような方法で検索したかを書きなさい。 筑波大学図書館にあるコンピュータ関連の電子ジャーナルを2つ上げなさい。

本日の復習のために

全学計算機システムについては知っていると何かと便利です。本日学んだことは しっかりと復習しておこう。

次回までの予習

  1. 次回はいよいよ学術情報メディアセンターに行きます。あらかじめ 次回の教材をプリントアウトしておきましょう。