知能情報メディア実験A,B

  [ GB46403,GB46503 ]
Machine Intelligence and Media Technologies Laboratory A,B
対象:3学年 開設学期:春ABC・秋ABC 曜日・時限:水3・4,金5・6 単位数:各3単位
担当教員:西出隆志, 他

概要

知能情報メディア処理に関する様々な実験の中から各学期1テーマ選択し、年間2テーマの実験を行う。

学習・教育目標

認識・理解や学習・獲得などの知的情報処理や,音声・ 画像などの情報メディアの生成,入出力,効率的な蓄 積・伝達に関する理論と技術の習得を目指す.特に具体的なシステムを扱うことを通じて,将来の研究開発に役立つ実践的な知識・技能を習得することを目標とする.

キーワード

知能情報、メディア工学

Keywords

Machine Intelligence, Media Technologies

時間割

講義内容/理解すべき項目
春学期
  • 複数話者の同時発話音声からの個別音声の抽出(T-2)
  • コンピュータ画像処理(T-6)
  • 3次元形状測定と幾何形状処理(T-7)
  • ヒューマンマシンシステムの設計と評価(T-8)
  • ヒューマンセンシング(T-9)
秋学期
  • 劣化画像修復(T-1)
  • 簡易プロトタイピングによるユーザインタフェース設計(T-3)
  • 日本語形態素解析と文書分類(T-4)
  • 進化的アルゴリズム(T-5)
  • 機械学習による推薦アルゴリズム(T-10)

成績評価

課題毎に定められたレポートを提出する.実験の出席率,レポートの成績を総合して評価する.

講義のWebページ

主専攻実験のホームページ

備考

ガイダンス:春学期,第1回目の実験授業時間に,単位修得条件,実験の進め方,各実験テーマの説明,実験関係資料配布等のためのガイダンスを行うので,必ず出席すること.ガイダンスを行う教室については掲示をするので,確認すること.

テーマの選択について: