画像メディア工学

  [ GB42201 ]
Image Media Engineering
対象:3・4学年 開設学期:秋AB 曜日・時限:火5・6 単位数:2単位
担当教員:滝沢穂高

概要

画像メディア処理の基礎と応用について講義する.具体的には,画像メディアの入出力,画質改善,2値画像処理,特徴抽出,立体情報の抽出,動画像処理,医用画像処理などの画像解析について概説する.

学習・教育目標

1.画像メディア処理の基本概念の理解.
2.画質改善,2値化処理,特徴抽出の理解.
3.3次元形状復元の理解.
4.動画像処理の理解.
5.医用画像処理の理解.

キーワード

画像メディア,画像処理,パターン認識

Keywords

Image media, Image processing, Pattern recognition

時間割

講義内容/理解すべき項目
第1週画像メディア工学の重要性や難しさなどを実例を挙げながら紹介.
第2週画像処理の基本概念
コンピュータによる画像データの取り扱い,周波数領域での処理,色彩情報の処理.
第3週画質改善と2値化処理.
画像の強調,復元,コントラスト強調,先鋭化,平滑化.画像の2値化.モルフォロジー演算.
第4〜5週画像からの特徴抽出と解析
エッジ抽出,直線と曲線の当てはめ,画像の領域分割.
第6〜7週ステレオ視による3次元形状復元
カメラモデル,ステレオ法の計測原理,画像対応付け.
第8〜9週動画像処理と物体追跡
動画像処理の概要,オプティカルフロー,動物体追跡の応用例.
第10週医用画像処理
CT画像の処理.

教材

授業時間中にスライド等を使用したり,参考文献等を紹介する.

参考書籍

「コンピュータ画像処理」(田村秀行,オーム社)
「ディジタル画像処理」(CG−ARTS協会)
「3次元画像処理入門」(鳥脇純一郎,村上伸一,東京電機大学出版局)
など

成績評価

期末試験や出席点などを総合的に評価する.

教員メールアドレス

takizawa(a)cs.tsukuba.ac.jp