情報セキュリティ

  [ GB42101 ]
Information Security
対象:3・4学年 開設学期:春AB 曜日・時限:金1・2 単位数:2単位
担当教員:西出隆志,面和成

概要

電子社会の進展にともなってセキュリティ対策の重要性が増している。そこで、情報セキュリティに関する基礎理論を習得し、それが実際にどう使われているかを学ぶ。 基礎理論では暗号を中心とし、応用ではインターネット上に展開されるシステムのセキュリティ対策を中心に講義する。

学習・教育目標

  1. システムに対する脅威と情報セキュリティの必要性を理解する。
  2. 基礎技術である暗号および認証について、概念を理解し、仕組みを習得する。
  3. インターネット上のセキュリティ対策について理解する。

時間割

講義内容/理解すべき項目
第1〜2週公開鍵暗号の基礎
ユークリッド互除法,モジュロ演算など
第3〜4週公開鍵暗号の構成法
RSA,ElGamal,ディジタル署名など
第5週その他
高度な暗号プロトコルなど
第6週脅威と脆弱性
盗聴,改ざん,ウイルス,標的型攻撃など
第7週共通鍵暗号とその応用
第8週ネットワーク侵入防御
ファイアウォール,侵入検知システムなど
第9週セキュアプロトコル
IPsec, TLS/SSLなど
第10週不正アクセス検知モデル

教材

教科書:「暗号と情報セキュリティ(リスク工学シリーズ8巻)」,岡本,西出著,コロナ社
そのほか、必要に応じてプリント配布

参考書籍

  1. 「IT Text 情報セキュリティ」, 宮地充子,菊池浩明編,オーム社
  2. 「暗号理論入門」, 岡本栄司著, 共立出版

成績評価

授業中に実施する演習(約20%), 期末試験(約80%)により評価する。

教員メールアドレス

西出隆志 nishide(AT)risk.tsukuba.ac.jp
面和成 omote(AT)risk.tsukuba.ac.jp

TF・TA

1名

オフィスアワー

月曜13:00-14:00 SB801-2
メールにて問い合わせてください