ディジタル信号処理

  [ GB41401 ]
Digital Signal Processing
対象:3・4学年 開設学期:秋AB 曜日・時限:水1・2 単位数:2単位
担当教員:牧野昭二

概要

ディジタル通信・マルチメディア処理で重要な役割を果たすディジタル信号処理の基礎について概説する。また周波数分析の概念を紹介して標本化定理にふれ、ディジタルフィルタの考え方と設計方法について学ぶ。

学習・教育目標

ディジタル信号処理の基本的な概念と手法を理解する。

キーワード

ディジタル信号処理、周波数解析、デジタルフィルタ

Keywords

Digital Signal Processing,Frequency analysis,Digital filter

時間割

講義内容/理解すべき項目
第1週信号処理の概要:アナログ信号処理とディジタル信号処理
第2週連続時間信号の解析:フーリエ級数、フーリエ変換、ラプラス変換
第3週連続時間システムの解析:畳み込み積分、伝達関数、周波数特性
第4週離散時間信号の解析:DTF、DFT
第5週離散時間信号の解析:z変換、畳み込み
第6週離散時間システムの解析:伝達関数、周波数特性
第7週サンプリングと窓:標本化定理、標本化周波数の変換
第8週フィルタ(1):アナログフィルタ、ディジタルフィルタ
第9週フィルタ(2):ディジタルフィルタの実現
第10週ディジタル信号処理の応用

教材

浜田望「よくわかる信号処理」オーム社(1995)。

成績評価

期末試験や出席点等を総合的に判断し、成績評価を行う。

教員メールアドレス

maki(AT)cs.tsukuba.ac.jp

オフィスアワー

随時(メールで事前に予約)