ソフトウェアサイエンス実験A,B

  [ GB26403,GB26503 ]
Software and Computing Science Laboratory A,B
対象:3学年 開設学期:春ABC・秋ABC 曜日・時限:水3・4,金5・6 単位数:各3単位
担当教員:海野広志(世話人),他

概要

情報科学としてのソフトウエア科学,情報数理の中核的理論,技術を体得することを目的として,プログラム言語,システムプログラム,数値解析,人工知能,感性情報処理,システム制御などの基本的なテーマの中からいくつかを選択して具体的課題に取り組む.

学習・教育目標

上記概要に示された選択課題に対し、各テーマの基本概念を理解し、実際にシステム設計、プログラミングなどを行うことにより、具体的な実装のプロセスを体験し、情報科学に関する理解を高め、将来研究開発を行うに役立つ能力を獲得することを目標とする。

キーワード

ソフトウエアサイエンス

Keywords

Software Science

時間割

学期テーマの内容:下記のテーマの中から選択する.ただし、最新版については学類の実験ホームページを確認すること.
春学期
  • 数理モデリングとアルゴリズム
  • メタヒューリスティクスと巡回セールスマン問題
  • JAVAによるGUIの記述
  • 音楽演奏プログラミング
秋学期
  • PBL形式によるビジネスアプリケーション開発
  • 関数プログラミング
  • JavaScriptによるビジュアルなプログラムの開発
  • メディア情報検索の基礎
  • 移動ロボットの行動プログラミング
  • 数理最適化:問題定式化と最適化ソルバー

教材

各実験テーマの概要と詳細なテキストは,学類のホームページ上に用意する.

成績評価

課題ごとに定められたレポートを提出する.実験の出席率,レポートの成績を総合して評価する.

オフィスアワー

実験テーマごとに質問や相談の時間をとる.具体的な時間は各実験テーマの最初の実験の際に指示する.

備考