情報可視化

  [ GB22611 ]
Information Visualization
対象:3・4学年 開設学期:春AB 曜日・時限:月5・6 単位数:1.5単位
担当教員:三末和男

概要

膨大なデータや情報が溢れる現代において、コンピュータによって情報を視覚的に提示する技術(情報可視化技術)は、情報処理を目的としたコンピュータと人間を有機的につなぐ重要な技術である。この授業では、情報可視化に関する基礎知識として、情報可視化の枠組、ヒトの視覚に関する認知的な性質、データを表現するための基本的な技術、様々なデータを対象とした表現技術について学ぶ。

学習・教育目標

キーワード

可視化、情報可視化、視覚的表現

Keywords

Visualization, information visualization, visual representation

時間割

講義内容/理解すべき項目
第1週 【情報可視化とは/情報可視化の枠組】情報可視化とは、関連概念(情報デザイン、インフォグラフィクス)、情報可視化の目的、可視化処理の参照モデル
第2週 【色/視覚の性質】色の知覚と目の構造、色の性質、色の表し方、前注意的処理、ゲシュタルト要因
第3週 【データ/視覚的表現】情報可視化が対象とするデータ、尺度水準、視覚的表現が備えるべき性質、視覚的表現の構成
第4週 【値の表現手法/関係の表現手法】値の視覚的な表現手法、関係の視覚的な表現手法、演習課題の提示
第5週 【集合/多変量データ】集合の視覚的な表現手法、多変量データの視覚的な表現手法
第6週 【演習レビュー/階層データ】演習課題のレビュー、階層データの視覚的な表現手法
第7週 【ネットワーク/地図】ネットワークの視覚的な表現手法、地理的データの視覚的な表現手法
第8週 【時刻】時刻データの視覚的な表現手法

教材

適宜資料を配布する。

参考書籍

成績評価

レポート課題および学期末試験の成績により評価する。レポート課題30%、学期末試験70%の配分とする。授業への欠席は減点(1回-3点)とし、1/3以上を欠席したものは不合格とする。

教員メールアドレス

misue@cs.tsukuba.ac.jp

TF・TA

未定

講義のWebページ

授業中にURLを知らせる。

オフィスアワー

木曜日16:45-18:00 3F830

備考

春日地区での開講です。