情報特別演習I,II

  [ GB13312,GB13322 ]
Special Exercise in Information Science I,II
対象:I:1,2学年,II:2,3学年 開設学期:通年 曜日・時限:随時 単位数:2単位
担当教員:亀山(幸),川島,日野 他

概要

学生が興味や能力に応じて自主的に演習テーマを設定し て,それに適したアドバイザ教員を決定して打ち合わせ を行いながら演習を実施する.どのようなテーマを選択 したら良いか分からない学生には,テーマの決定につい て教員が相談にのりアドバイスを行う.最後に演習結果 を発表する公開発表会を行いレポートを提出する.企画 力,実行力,表現力,プレゼンテーション能力を養うこ とを目的とする.

学習・教育目標

1.自分の興味や能力に応じて適切な演習テーマを決定 できること.
2.アドバイザ教員と打ち合わせを 行いながら自力で演習を完成させること.
3.的 確なプレゼンテーションが行えること.

時間割

講義内容/理解すべき項目
4〜5月演習テーマとアドバイザ教員の決定4月の説明会の後, 様々な教員を訪問し演習テーマとアドバイザ教員を決定 する.
6〜12月演習実施アドバイザ教員と打ち合わせを行いながら演習 を実施する.
9月中間発表会演習テーマの概要について,レポートを提出 し中間発表会において報告する.
12月最終発表会公開発表会において,各自が10分程度で演習 結果を発表する.
1月レポート提出演習結果をまとめたレポートを提出す る.

予備知識・前提条件

テーマの決定方法について:
4〜5月にかけて様々 な教員を訪問し演習テーマとアドバイザ教員を決定する が,決定にあたって以下に注意すること.事前にアドバ イザ教員を訪問しない学生の履修は認めない.アドバイ ザ教員1人当たりの担当学生数は3人以内とする.1つ のテーマを複数の学生がグループを作って分担してもよ いが,1グループの学生数は3名以内とする.テーマと してはプログラムを作ることに限定しない.例えば,ソ ースコードの解読や文献調査も認められる.

演習テーマの例:

成績評価

中間発表会における発表(20%),最終発表会における発表(30%)とレポート(50%)を総合して評価する.

教員メールアドレス

佐久間:jun@cs.tsukuba.ac.jp 川島:kawashima@cs.tsukuba.ac.jp, 今倉:imakura@cs.tsukuba.ac.jp,

講義のWebページ

http://www.coins.tsukuba.ac.jp/special-seminar/

オフィスアワー

電子メールにて予約