論理回路

  [ GB10804 ]
Introduction to Logic Circuit
対象:1学年 開設学期:秋AB 曜日・時限:木1・2 単位数:2単位
担当教員:朴泰祐,三宮秀次

概要

初等的な論理回路から論理サブシステムまでについて、講義と 演習を行う。授業は合計9回で前半4回、後半5回に分かれ、前半終了後に中間試験、後半終了後に期末試験を行なう。

学習・教育目標

  1. 組合せ回路とブール代数について理解する (第1〜4週)
  2. 順序回路とディジタルディバ イスについて理解する(第6〜10週)

キーワード

基本ゲート、ブール代数、組み合わせ回路、カルノー図、演算器、順序回路、フリップフロップ、カウンタ、フリップフロッププログラミング、デジタルデバイス

Keywords

logic gates, Boolean algebra, combinatorial circuits, Karnaugh maps, arithmetic units, sequential circuits, flip-flops, counters, flip-flop programming, digital devices

時間割

講義内容
第1週(前半1)基本ゲート(教科書 1-17頁)とブール代数の基礎
第2週(前半2)標準形とカルノー図(教科書 17-32頁)
第3週(前半3)カルノー図のおさらいと演算器(教科書 33-39頁)
第4週(前半4)いろいろな組合せ回路と順序回路の基礎(教科書 39-69頁)
第5週(中間試験)前半4回の講義内容について、試験を行う
第6週(後半1)フリップフロップとカウンタ(教科書 69-83頁)
第7週(後半2)いろいろな順序回路(教科書 頁84-91)
第8週(後半3)フリップフロッププログラミング(教科書 91-99頁)
第9週(後半4)ディジタルデバイス(教科書 第3章105頁以降)
第10週(後半5)総合学習。これまでの学習範囲について総合的な復習を行う。
第11週(期末試験)講義内容全体について、試験を行う。

教材

磯秀夫 監修、天野英晴、武藤佳恭 共著、”だれにもわかる ディジタル回路”(改訂4版) オーム社発行

成績評価

評価は、中間試験50%、期末試験50%とする。さらに、出欠状況も考慮する。

教員メールアドレス

朴 泰祐:taisuke (AT) cs.tsukuba.ac.jp
三宮秀次:san (AT) cs.tsukuba.ac.jp
("(AT)" を "@" に変更)

講義のWebページ

http://www.hpcs.cs.tsukuba.ac.jp/~taisuke/logic-class.html

オフィスアワー

朴 泰祐: 月 14:00〜17:00 総合研究棟B1103
三宮秀次: 金 8:40〜9:55 学術情報メディアセンター405

備考

授業の形式は、以下の通り:

1時限目: 講義(1時間15分全部)
2時限目: 講義(最初の45分)、 演習(残りの30分)

演習では、その日の講義で行った内容に関して、幾つかの練習問題を解いてみる。