コンピュータリテラシ

  [ GB10615,GB10625 ]
Computer Literacy
対象:1学年 開設学期:春AB 曜日・時限:火5・6,金2 単位数:2単位
担当教員:建部修見,早瀬康裕,新城靖

概要

コンピュータリテラシでは、情報科学類のコンピュータを使うための最も基本的な技能を学ぶ。情報科学類生が接する機会が最も多いコンピュータは Unix と呼ばれる基本ソフトウェアをベースに動作している。この授業では Unix の基本的な概念と主なコマンドの使い方を中心に学習する(プログラミングの学習は対象としない)。レポート作成などに必須のツールとして、ワードプロセッサ、スプレッドシートなども学ぶ。また、Windows の基本的な使い方についても触れる。講義では、インターネットと社会との関わり、セキュリティ、コンピュータの構成などの基本事項についても解説する。

学習・教育目標

1. コンピュータとインターネットの基本を理解し、安全に使いこなせるようにする。
2. Unixの基礎とファイルシステムを理解し、基本コマンドとテキストエディタ Emacs を操作できるようにする。
3. シェルの基礎を理解し、 bashをコマンドラインから使えるようにする。
4. インターネットと社会の関係、情報発信の仕方とそのルールを学ぶ。
5. Windows、ワードプロセッサ、スプレッドシートなどを使いこなす。

キーワード

コンピュータリテラシ、Unix、ファイル、ディレクトリ、Web、メール、インターネット、セキュリティ、ネチケット、LaTeX、ワードプロセッサ、表計算。

Keywords

Computer Literacy, Unix, Files, Directories, Web, E-Mail, the Internet, Security, Netiquette, LaTeX, Word Processors, Spread Sheets.

時間割

講義内容
第1週コンピュータの基礎、 Unix の基本的な使い方、セキュリティとネチケット
第2週Unix を使った情報の伝達・収集・発信(email, news,www)
第3週テキストファイル、Emacs、印刷、計算機の構成
第4週Unix のファイルシステム、アクセス制御、符号化
第5週Unix シェル、 プロセス
第6週WWW ページの作成、インターネット
第7週LaTeX、インターネット社会、SNS (Social Networking Service)
第8週Windows 入門
第9週ワードプロセッサ、図形描画
第10週表計算、データ処理、グラフ作成

教材

新 The UNIX Super Text [上][下]、山口和紀、古瀬一隆(監修)、 技術評論社、2003
「教育用計算機システム使用の手引き」
共通科目情報処理のための「情報処理実習手引き」

参考書籍

図解標準 最新 UNIX ハンドブック (改訂第2版)、伊藤和人、 秀和システム、2004
入門 bash 第3版、Cameron Newham, Bill Rosenblatt、オライリージャパン、2005
入門 Unix for OS X 第5版、Dave Taylor、オライリージャパン、2013
OS X Mavericks 詳細リファレンス、大津真、技術評論社、2014
(Unix、 Windowsともに、書籍部、図書館に多数ある。自分にあったものを選んで利用すること。)

予備知識・前提条件

実習内容は必ず予習すること。

成績評価

出席:やむをえず欠席する時は、所定の欠席届を提出すること。
実習:各週ごとに提示される課題を実施し、指定する様式でレポートを提出すること。
    提出期限・様式などの詳細は第1回授業にて説明する。
期末試験:実施する。
総合評価:課題が行われ、全てのレポートが提出されていること。期末試験を受けていること。
    試験40%、レポートおよび出席60%として評価する

教員メールアドレス

建部(Aクラス): tatebe(AT)cs.tsukuba.ac.jp
早瀬(Aクラス): hayase(AT)cs.tsukuba.ac.jp
新城(Bクラス): yas(AT)cs.tsukuba.ac.jp

講義のWebページ

Aクラス(建部,早瀬) http://www.hpcs.cs.tsukuba.ac.jp/~tatebe/lecture/
Bクラス(新城) http://www.coins.tsukuba.ac.jp/~yas/coins/literacy-2017/

オフィスアワー

建部:木4 計算科学研究センター304
早瀬:水4 3F925
新城:木6 3E302

備考

2クラス制:情報科学類には、コンピュータの利用経験が相当にある入学者が少なくない。このため、履修者の経験を考慮した2つのクラスを開設して、きめの細かい指導を行う。受講者のクラスの決定方法等を以下に示す。