パスワードの検査について

計算機運用委員会では, ユーザのパスワードが漏洩し, 情報学類内に第三者が侵入することを防止する目的から, パスワード解析プログラムを用い, 皆さんが脆弱な(容易に推測できる)パスワードを使っていないかどうかを検査することがありますので, 予め御了承下さい。

以下のような「弱いパスワード」を利用している場合は, 直ちに, パスワードを変更して下さい。パスワードの変更方法については, 教育用計算機システム使用の手引きを参照して下さい。

弱いパスワードの例

1. 英語, 日本語, その他外国語の辞書にある単語
2. 固有名詞(人名, 地名など)
3. 単純な文字列(aaaaaaaa, 12345678 等)
4. 7文字以下の短い文字列
5. キーボードの配列を使った文字列 (qwert, asdfg 等)
6. 1-3の単語の綴を逆順にした文字列
7. 1-3の単語に記号や数字を付けた文字列

また, 「パスワード解析プログラム」により, パスワードが判明した場合は, 一時的に, アカウントの使用が制限される場合があります。

パスワード解析プログラムの実行の禁止について

「パスワード解析プログラム」などにより知り得たパスワードを用いて, 本人の許可なくログインすることは, 不正アクセス防止法に違反します。計算機運用委員会では, 学生がこのような違反行為を行なう危険性を防止するため, 「パスワード解析プログラム」を学生が実行することを禁止します。「パスワード解析プログラム」を実行していることを発見した場合は, プロセスの強制停止, 実行した本人の呼び出しなどの措置を取りますので, 留意して下さい。


最終更新日時:2003年6月11日